スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオテクニカ、実売7,000円のNCイヤフォン -新開発ユニットのポータブルヘッドフォンも

 オーディオテクニカは、アクティブノイズキャンセリング(NC)機能搭載のイヤフォン「ATH-ANC23」と、ポータブルヘッドフォン「ATH-SQ505」、「ATH-FC707」を5月20日に発売する。
価格は「ATH-ANC23」がオープンプライスで、店頭予想価格は7,000 円前後、「ATH-FC707」と「ATH-SQ505」はいずれも6,300円。

■ ATH-ANC23
「QuietPoint」シリーズの新製品で、13mm径のダイナミック型ユニットを搭載するカナル型イヤフォン。
NC機能により周囲のノイズを約90%以上低減できるという。
NC機能がOFFでも、通常のイヤフォンとして利用できる。
カラーはブラック(BK)とホワイト(WH)の 2色。

NCには単4電池1本を利用し、アルカリ電池での連続使用時間は約60時間。
電池を除く重量は約26g。プラグは金メッキのステレオミニ /L型。ケーブルはY型で、長さは1.3m。
付属イヤーピースはXS/S/M/Lの4サイズ。
航空機用プラグアダプタなどの付属品をまとめて持ち運べるポーチも同梱する。
クリップ付きのコントロールボックスにボリュームコントローラも搭載、手元で音量調整が行なえる。

再生周波数帯域は 20Hz~20kHz。
出力音圧レベルはNC ON時が105dB/mWでOFF時が103dB/mW。
インピーダンスは、NC ON時が150Ω、NC OFF時が32Ω。


■ ATH-SQ505
40mm径の新設計ドライバユニットを搭載する密閉ダイナミック型のポータブルヘッドフォン。
豊かな低音表現を実現したという。

ハウジングがスクエア形状で、カラーはブラック(BK)、レッド(RD)、ホワイト(WH)の3色を用意。
ハウジングをスイーベルさせてフラットにできる折り畳み機構を採用。

再生周波数帯域は10Hz~24kHz。
インピーダンスは42Ω。
最大入力は500mWで共通。
出力音圧レベルは106dB/mW。
プラグは金メッキステレオミニのL型。
ケーブルは両出しで、長さは1.2m。
ケーブルを除く重量は SQ505が170g。


■ ATH-FC707
40mm径の新設計ドライバユニットを搭載する密閉ダイナミック型のポータブルヘッドフォン。
クリアな中高域再生を可能にしたという。

ハウジングはラウンド形状で、カラーはブラック(BK)とホワイト(WH)の2色。
ハウジングをヘッドバンド方向へ回転させることでコンパクトに収納できる。
また、ヘッドフォンを装着してからヘッドバンドの長さを簡単に調整できる「クイックヘッドバンド機構」を採用。
ヘッドバンドを最も伸ばした状態でロックがかかり、未使用時には首に掛けておくことができる。

再生周波数帯域は10Hz~24kHz。
インピーダンスは42Ω。
最大入力は500mWで共通。
出力音圧レベルは102dB/mW。
プラグは金メッキステレオミニのL型。
ケーブルは両出しで、長さは1.2m。
ケーブルを除く重量は145g。

詳しくはAV Watchで
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110426_442331.html

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。