スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリップス、人間工学採用イヤフォン/ヘッドフォン -実売5千円のSHL9300や980円のSHE2670など

フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、イヤフォン/ヘッドフォンの新モデル5機種を5月下旬より順次発売する。
価格はすべてオープンプライス。
店頭予想価格は、軽量のヘッドフォン「SHL9300」が4,980円前後。
人間工学に基づいた角度設計を取り入れたというカナル型(耳栓型)イヤフォン「SHE8000」が2,980円前後、「SHE9000」が4,980円前後。
エントリーモデルのカナル型「SHE3570」は1,280円前後。
同じくエントリー向けのインナーイヤー型「SHE2670」が980円前後。

■SHL9300
ヘッドフォンのSHL9300は、40mm径のドライバを採用。
耳乗せ型で、ハウジングをコンパクトに折りたためるデザインを採用。
可搬性に優れるという。
152gと軽量なのも特徴。
フローティングクッション設計を採用し、イヤーパッドが自在に動くため、耳にやさしくフィットするという。

■SHE9000
カナル型のSHE9000は、金属製ハウジングを採用したダイナミック型のイヤフォン。
ユニットは10mm径。
ターボバス孔を呼ばれる構造を採用し、低音再生能力を強化。高い遮音性も持つという。

■SHE8000
SHE8000は、SHE9550の後継機種。
10mm径のダイナミック型ユニットを搭載する。
このモデルでもターボバス孔を採用し、低域の再生能力を高めている。

■SHE3570
SHE3570は、10mm径のダイナミック型ドライバを搭載。
筐体もコンパクトになっているため「どんな耳にもフィットする」という。
ドライバにはネオジウムマグネットを使用する。
カラーはBK/BL/BW/PK/WTの5色を用意する。

■SHE2670
SHE2670は、13.5mm径のダイナミック型ドライバを搭載した、インナーイヤー型のイヤフォン。
人間工学に基づいたデザインを採用。
ツインベントを設け、高音域と低音域のバランスを調整している。
カラーはBL/BW/PKの3色展開。


詳しくはAV Watchで
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110425_441712.html

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。