スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナルワークス、カスタムイヤフォン2機種発表 -3ウェイ4ドライバとフルレンジ。49,800円から

カナルワークスは、耳型を採って製作するカスタムイヤフォンの新モデルとして、バランスド・アーマチュアユニットの3ウェイ4ドライバタイプ「CW-L31」と、フルレンジ・シングルドライバタイプ「CW-L01」の2モデルを5月7日に発売する。
耳型採取費用を含めた価格は、CW-L31が 84,800円、「CW-L01」が49,800円。

いずれもモニター価格で、正式販売のモデルと商品に違いは無いが、商品納品後、アンケートに回答する必要がある。
注文の際は耳型(インプレッション)の採取が必要。
納期は生産着手後約4週間となる。

耳型を採って製作するカスタムイヤフォンは、海外の製品が多く、英語でメールをやりとりするなどの作業が必要になる製品もある中で、国内メーカーでカスタムイヤフォンを手掛けているのがカナルワークス。
カスタムイヤフォンとしては、価格もリーズナブルに抑えているのが特徴となっている。
同社は第1弾モデルとして、昨年に2ウェイの3ドライバの「CW-L11」(モニター販売価格69,800円/標準仕様/耳型採取費用含む)を発売。
今回3ウェイ4ドライバの「CW-L31」と、フルレンジのシングルドライバの「CW-L01」が追加される。

同社は5月7日に東京・外苑前のスタジアムプレイス青山で開催される「春のヘッドホン祭2011」に参加予定で、会場で試聴と購入申し込みを受け付けも実施。
耳型採取も同日、会場から徒歩1分の提携店で行なえるという。


■CW-L31
「CW-L11の解像度の高い音質はそのままに、新たに低域用として容積比3倍の大型バランスドアーマチュアドライバを搭載した」という3ウェイ4ドライバモデル。
迫力のある重低音再生を可能にしたという。
ユニット数は高域1基、中低域2基、低域1基となる。


■CW-L01
小型のフルレンジ、バランスド・アーマチュアドライバを搭載したモデルだが、カスタムイヤフォンになっている事で、鼓膜にダイレクトに高い気密性で音楽信号を伝えられるという。
イコライザ抵抗にはオーディオ用の大型高音質炭素皮膜抵抗を採用。
「ドライバをカナル部(外耳道部)周辺にコンパクトにまとめられるフルレンジならではのチューニング」としている。


■共通する特徴
ケーブル長さは両モデルとも115cm。
イヤフォンとケーブルは脱着式で、断線した際などにケーブル交換が可能。
ケーブルには通常の3倍の高耐久性を実現したという20芯撚り線OFCワイヤーを使用し、断線トラブルそのものも抑えるようになっている。

ケーブルを耳の後ろにまわす装着スタイルで、ケーブルのコネクタ部分には耳へのフィット感が得られるメモリーワイヤーを内蔵。
入力のステレオミニプラグはノイトリック製のものを使用。
オプションで、バランス接続タイプのプラグも選択できる。

本体のカラーは21色から選択可能。
オプションでオリジナルカラーの調色にも対応する。
CW-L01はフェイスプレートのみのカラー選択で、シェル自体はクリアのみとなる。
さらに費用は別途必要だが、コンビネーションカラーシェルやラメ入りシェル、ラインストーン埋込みなど、様々なバリエーションを用意。
オリジナルエンブレム製作、プリントアートワーク挿入などの要望にも対応できるという。

製品にはハードケース、ソフトケース、ワックスクリーニングツール、クリーニングクロスが付属する。


始めてのカスタムイヤホンはここで買いたいです。
理由は、写真の本体カラーの色が好きだから。


詳しくはAV Watchで
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110422_441601.html

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。