スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナル、最高22万円の金属筐体イヤフォン3機種 -下は78,000円から。真鍮/ステンレス/クロム銅採用

ファイナルオーディオデザイン事務所は、カナル型(耳栓型)イヤフォンの上位モデルとして、金属削り出しの筐体を採用した3機種を4月22日に発売する。
価格は全てオープンプライスで、店頭予想価格は、筐体にクロム銅を使った最上位「Piano ForteX-CC」が220,000円前後。ステンレスを使った「Piano ForteIX」が98,000円前後、真鍮の「Piano ForteVIII」が78,000円前後。

型番は「FI-DC1602シリーズ」で、それぞれ「Piano ForteX-CC」(FI-DC1602SC-C)、「Piano ForteIX」(FI-DC1602SS)、「Piano ForteVIII」(FI-DC1602SB)となる。
ユニットのサイズや構造などは3機種共通で、違いは筐体に使っている金属の素材のみとなる。

今回のモデルは同社が2009年に発売した金属削り出しのイヤフォン「FI-DC1601」シリーズの後継となる。

前モデルとの違いは筐体の形状で、従来よりも横長の円錐形状となり、重量バランスや装着感、装着安定性が向上している。
この形状は「筺体内の空気の流れを最適化する」という。

振動板前面に、振動板前後の圧力差を制御するプレッシャーリングを配置し、振動板の歪みを低減。筐体に空気圧調整孔を備える事で、筐体内の空気圧を最適化する技術も引き続き採用している。

ユニットはダイナミック型で、16mm径。
同社がホーンスピーカーの開発で培ったという理論をイヤフォンに応用する事で、「ホーン型でしか得られなかった濃密でリアリティある音を再現する」という。
ユニットはゴムなどのダンピング材を使わず、金属筐体で直接保持する事で、振動板の反作用を確実に受け止め、不要な共振を抑制している。
ドライバーユニットフレームには制振用に開発された特殊合金を塗布している。

ゴム系のイヤーピース自体が振動し、音に影響を与える事を防ぐため、シリコンなどのピースは使わず、金属製のイヤーピースを搭載。
金属のノズルを耳に挿入する装着法となる。
これにより、「シリコンイヤーピースによる鈍い音が全くない」(ファイナル)という。
なお、従来モデルは金属の先端部分が取り外し可能だったが、新モデルでは取り外し機構は備えていない。

感度は108dB。
インピーダンスは16Ω。
ケーブルは1.4m。
なお、製品には1年間の保証が付く。
ケーブルの着脱はできないが、ケーブルの断線に限り、購入日より3年間の保証が付いている。
重量はいずれも38g。
キャリングケースが付属する。

~以下掲載されていた簡易レビュー~

試聴にはiPhone 3GSとフォステクスのポータブルヘッドフォンアンプ「HP-P1」を、デジタル接続で使用している。
3機種の違いが筐体の素材であるため、聴き比べを行なうと、素材の違いによる音の変化がストレートに体験できるのが興味深いポイントだ。共通する音の特長としては、前モデルと比べ、いずれも中低域の音の張り出しが強くなり、ホーン型スピーカーを彷彿とさせる、パワー感のある再生音が楽しめるようになっている。

3機種の中で低価格な「Piano ForteVIII」(実売78,000円前後)は、管楽器などにも使われる真鍮製。
傾向としては中高域の華やかさが印象的で、音の響きがあたたかく、暖色系のイメージ。JAZZなどにハマりそうだ。

ステンレスを使った「Piano ForteIX」(実売98,000円前後)はガラリとイメージが変わり、響きよりも精密な音場の表現が印象に残る、
クリアでクールなサウンド。分解能も高く、3機種の中ではモニターライクな音になっている。

クロム銅を使った最上位「Piano ForteX-CC」(実売220,000円前後)は、「Piano ForteVIII」の華やかさと、「Piano ForteIX」のクリアさの特徴を両方備えたようなサウンドになっている。


一般的には地雷扱いされるメーカーですが、個人的にはかなり好きなメーカーなので試聴だけでもしてみたいです。


詳しくはAv Watchで(最後の写真では真鍮とステンレスモデルの型番が入れ替わってしまっています)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110413_439000.html

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。