スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニー、iPhone/iPod用の「XB」カナル型イヤフォン -リモコン/マイク付きの「MDR-XB41IP」など

ソニーは、低域再生能力を高めた「EXTRA BASS series」(XBシリーズ)のカナル型(耳栓型)イヤフォン新モデルとして、iPhone/iPodのリモコン操作などが可能な「MDR- XB41IP」と「MDR-XB21IP」発売する。
発売日は4月21日。

価格はXB41IPが7,455円で、XB21IPが4,935円。
カラーは、両モデルともブラック(B)、ブルー(L)、レッド(R)、マルチ(Z)の4色を用意する。

2月に発売したMDR-XB41EX(6,195円)/21EX(3,675円)をベースとし、新たにiPhone/iPod対応リモコンをケーブル部に備えたモデル。
リモコン部は音量調整や、楽曲の再生/一時停止、曲送り/戻しなどが可能。
マイクも内蔵し、iPhoneのハンズフリー通話やVoiceOverにも利用できる。
iPhone 3GS/4や第2~4世代iPod touch、iPod classic 120/160GB('09年モデル)、第3~4世代shuffle、第4~6世代nano、iPadに対応する。

イヤフォン部の仕様はベースモデルと共通で、重低音再生能力を高める「ダイレクトバイブストラクチャー」技術を採用。
ドライバーユニットから鼓膜までの気密を高めることで、漏洩を抑えた強力な重低音再生を実現している。

XB41IPはユニットが耳穴に対して垂直になることで、ピースをさらに奥まで挿入できる「密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式」を採用。
XB21EXは、ユニットに対して角度を持たせた「アングルド・イヤーピース」を採用している。
ユニット径はXB41IPが 13.5mm、XB21IPが9mm。

XB41IPには「ノイズアイソレーションイヤーピース」も同梱。
XB21IPは、従来と同じハイブリッドイヤーピースのみが付属する。

XB41EXには、装着安定性を高める「フィッティングアシスト」機構も採用。
ハウジングの外側に装着された熱可塑性エラストマーにより、耳のくぼみにソフトな肌触りで装着できるという。

再生周波数帯域はXB41IPが4Hz~24kHz、XB21IPが5Hz~23kHz。
インピーダンスは16Ω。
イヤーピースのサイズは、XB41IPがハイブリッドタイプのSS/S/M/Lと、ノイズアイソレーションタイプのS/M/Lを付属。
XB21IPはハイブリッドのSS/S/M/Lを同梱する。
ケーブルは1.2mでY型/フラットタイプ。
入力プラグは4極ミニで金メッキ仕上げ。
重量はXB41IPが8g。
XB21IPが4g。
キャリングポーチが付属する。


詳しくはAV Watchで
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110407_437842.html

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。