スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクター、2ドライバ内蔵のカナル「HA-FXT90」 -業界初、2基のダイナミック型を並列配置。約1万円

日本ビクターは、業界で初めて、2つのダイナミック型ドライバーを並列に配置したカナル型(耳栓型)イヤフォン「HA-FXT90」を4月下旬に発売する。
価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万円前後。
カラーはブラックとレッド(LTD)の2色を用意するが、レッドモデルは数量限定となる。

最大の特徴は「ツインシステムユニット」と呼ばれる機構で、2つのダイナミック型ドライバを並列に配置し、内蔵している。
低音域用、中高音域用の2つで、それぞれの音域に最適化したドライバーを組み合わせることで「迫力の重低音とクリアで豊かな中高音域再生を両立した」とする。

2つのユニットを搭載しているが、2ウェイではなく、帯域分割用のネットワークは内蔵していない。
中高音域用と低域用ユニットには同じ信号が入力されており、ユニット自体をチューニングする事で、それぞれが受け持つ帯域での特性を向上させている。
そうして出力された音を重ね合わせることで、厚みのある音を耳に届けられるという。

このため、2つのユニットでは、振動板のコーティング材料、基材の厚み、マグネット、ボイスコイルなどが異なり、それぞれに最適化設計されている。

中高音域ユニットの振動板には、軽量で剛性の高いカーボンナノチューブ素材を採用。これは、振動板によく使われるPETフィルムに、結晶構造がカーボンとは異なる、高強度なカーボンナノチューブをウェットコーティングしたもので、軽量かつ応答性に優れ、歪を抑えたクリアな再生音を実現できるという。

低音域用のユニットには、カーボン振動板を採用。この2つのユニットを、比重の大きい金属を採用したメタルユニットベースに組み込んでおり、不要な振動を抑えている。なお、ユニットのサイズは中高音域、低音域のどちらも5.8mm径となる。

再生周波数帯域は8Hz~25kHz。
インピーダンスは12Ω。
出力音圧レベルは107dB/1mW。
最大許容入力は150mW。
シリコンイヤーピースはS、M、Lの3サイズを同梱。
ケーブルの長さは1.2mのY型で、入力はL型のステレオミニ(金メッキ仕上げ)。
レッドモデルは編組ケーブルとなる。
長さ調節用のキーパーや、ふらつき・タッチノイズを抑えるクリップも付属する。
ケーブルを含まない重量は約6.8g。
キャリングケースも同梱する。


色々と面白そうな機種です。
ただ、新しいアンプを買おうと思っているので買わないです。
Pioneerのネットワークレス回路と似たようなものなのでしょうか?

詳しくはAV Watchで
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110405_437404.html

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なかなかイカした音してんよ。

音場はクソ狭いけど、しばらく聴いてるとハマる音してる。

No title

ほうほう、また今度来た時にでも聴かせてくださいな。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。