スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラステーム、32bit DAC搭載のヘッドフォンアンプ -USBで24bit/192kHz対応。99,750円

ラステーム・システムズは、小型筐体のDAC/ヘッドフォンアンプ「UDAC32」を3月30日に発売する。
価格は99,750円。

TI/バーブラウンの32bit/192kHz対応DACチップ「PCM1795」を搭載し、単体DACまたはヘッドフォンアンプとして利用できる製品。
ヘッドフォンアンプ部にはダイナミックレンジ120dBでSN比0.00014%のTI製「TPA6120」を採用。
電子ボリュームにも TIのPGA2320を搭載する。

入力は光デジタルと同軸デジタル、USBが各1系統で、24bit/192kHzに対応。入
力は前面のボリューム部を押すことで切り替わる。
出力はアナログRCA 2chと標準ジャックのヘッドフォンが各1系統。
ファームアップ用のUSB端子も備える。

USB Audio Class 2.0(High-Speed)に対応。
OSはWindows XP/Vista/7と、Mac OS X 10.6.3以降に対応し、Windows向けに32/64bit対応の専用ドライバが付属。Mac接続時は標準ドライバで動作する。
クロックには±1.0ppmのTCXO(温度補償型水晶発振器)を搭載。
USB接続時は、アンプ側のクロックを基準としたアシンクロナスモードで動作し、低ジッタでの再生が可能。

ヘッドフォンの最大出力は100mW×2ch(32Ω時)で、ヘッドフォンの対応インピーダンスは16~600Ω。
カップリングコンデンサを使用しないOCL(アウトプット・コンデンサ・レス)により、明瞭な解像感を実現したという。
SMV(スムージングボリューム)技術により、音量が急激に変化することなく、心地よい音量を維持できるとしている。

前面に96×96ドットの有機ELディスプレイを備え、入力サンプリングレートや、ヘッドフォンのレベルメーターが表示可能。
カスタマイズも可能で、手持ちの静止画を表示することもできる。
筐体はアルミ押し出し材を使用し、フロントパネルは5mm厚のアルミ削り出し。
電源は付属ACアダプタを使用する。
外形寸法は123×127×48mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約600g。
USBケーブルが付属する。

ラステームが10万の製品を出してくるとは予想外です。

詳しくはAV Watchで
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110325_435079.html

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。